~アラサー独身女の卵巣腫瘍闘病記~

2017年に31歳で卵巣腫瘍(境界悪性)を患いました。初めての入院・手術、そのときの記録を残しておこうと思います。

術後3日目(入院5日目)

 

f:id:kagamimarux:20171021223344j:plain

 

平成29年7月13日(木)

お腹の痛みは相変わらずだけど、昨日よりは眠れた感じだ。

出血が多くなってきているのがちょっと気になるところ。

尿がトマトジュースみたいに赤いと、さすがにうおっ!?大丈夫かこれ!?ってなる。

 

8時に朝食。

ご飯・味噌汁・納豆・煮付け・焼き海苔・ヨーグルト

今日から普通のご飯!嬉しいー。完食。

 

ご飯食べた後会社の上司と電話をした。

手術が無事に終わったこと、今の体調などを報告。

 

婦人科病棟は病院の7階にあってそこに入院しているんだけど、9階に患者用の図書室があるらしいので行ってみた。

1冊だけ本を借りた。

ゆっくりなら普通に歩くことができる。

ただちょっと咳でもしようもんならお腹に激痛が走るので、軽く痰がからんだりしてもどうにもできないのがつらい笑

 

12時に昼食。

ご飯・豚肉のしょうが焼き・チーズサラダ・煮付け・果物

完食。

 

夕方にはシャワーの許可がおりた。

手術後初めてのシャワー!

頭がベタベタ(汚い!)だったので、久しぶりに洗えてとてもさっぱりした。

 

18時に夕食。

ご飯・鰆のみそ焼き・じゃが芋の挽き肉あんかけ・胡麻和え・果物

完食。

 

病院食ってのはそういうものなのか、ここの病院だけなのかわからないけど、

ご飯の量がとにかく多い!

おかずはそんなでもないんだけど。

茶碗というより小丼。

女性だと、多すぎるって人もいるんじゃないかなあ?

看護師さんに言ってみたら、「よく言われます笑」と。

患者さんの性別・年齢で全部量を変えるなんてことも難しいだろうから、まあ仕方ないですね。

自分的には、あったかいご飯が食べられるのは本当ありがたいなーと入院していて思うので、なるべく全部食べたい。

 

ただしふりかけは必須です笑