~アラサー独身女の卵巣腫瘍闘病記~

2017年に31歳で卵巣腫瘍(境界悪性)を患いました。初めての入院・手術、そのときの記録を残しておこうと思います。

入院の準備

 

f:id:kagamimarux:20170823213248j:plain

 

入院のしおりに書いてある、入院時に持参するものリストに沿って準備。

 

《入院に必要なもの》

  • 洗面用具 シャンプー リンス 身体を洗うもの くし 化粧水 等
  • 湯呑み 箸 スプーン ストロー(2~3本)
  • 上履き(スリッパNG)
  • タオル類(バスタオル フェイスタオル 等)
  • 下着類
  • ティッシュペーパー 等
  • 診察券 印鑑 保険証
 
病衣は1日45円で借りられるようなので、これを利用する。
着るもんとか特にこだわりはないので…安くてありがたい。
 
S字フックがあると便利らしいので、持って行く。
それと暇つぶし用に文庫本。
 
手術に必要なものも準備。
 
《手術に必要なもの》
  • T字帯(1枚)
  • ワンタッチ伸縮性腹帯
  • ナプキン(夜用5枚・普通サイズ1袋)
 
これらは袋1つにまとめて一緒に持ってきてくださいとのこと。
 
 
荷物の準備はとりあえずOK。
 
入院のしおりと一緒に渡された、クリニカルパス用紙にまだ目を通していなかったので、読んでみる。
クリニカルパスというのは、入院期間中のスケジュールを一覧表にしたもの。
治療の内容や食事・トイレ・入浴等について詳しく書かれている。
 
7月9日(日)に入院、17日(月)に退院となる予定。
手術当日の朝には浣腸をするのね…
浣腸とかしたことないから結構怖いかも。
尿の管っていうのも気になるけど、これは手術中の意識がないときに入れられるみたいだから、まあ自分ではわからないかな。
 
入院も手術も初めてだけど、まあきっと何とかなるよね。
とりあえず、浣腸硬膜外麻酔が怖いな…
 
頑張ろうー