~アラサー独身女の卵巣腫瘍闘病記~

2017年に31歳で卵巣腫瘍(境界悪性)を患いました。初めての入院・手術、そのときの記録を残しておこうと思います。

手術時の麻酔の説明

 

f:id:kagamimarux:20170813173731j:plain

 

平成29年6月28日(水)

入院前最後の外来受診。

 

まずN先生より。

術前検査は問題なかったので、予定通り7月9日に入院、10日に手術ということに決定。

そして前回も説明を受けた、手術の内容についての確認。

危険性や合併症についての説明。

輸血に関する説明。

 

続いて看護師さんから。

入院の段取りと、持ち物についての説明。

入院前日の入浴後に、おへその掃除をしてくださいとのこと。オリーブオイルやサラダ油などを浸したコットンをおへその上に置いて30分待ち、拭うときれいになる。

 

その後手術室のフロアに移動し、麻酔科の先生から麻酔の説明を受けた。

今回の手術は全身麻酔で行う。寝ている間に手術が終わる。

麻酔で意識がなくなってから、気管チューブを入れて呼吸を管理する。

口の中や顎の形を確認→全然問題ない、やりやすそうとのこと。

気管チューブ入れる関係で、手術後に喉の違和感・痛みなどを感じることがあるが、すぐに良くなるので気にしなくて大丈夫。

また今回は痛みを軽減するために、硬膜外麻酔を併用する。

全身麻酔をかける前に、横向きになり膝を曲げ背中を丸くしてエビのようになる→背中を消毒して痛み止めの注射をしてから針を刺す→背中から入れた針を背骨の神経のそばまで進め、細いチューブを入れて固定する。

神経のすぐ近くまで入れないと効果がない。そのため針を進めていく段階で神経に触れることがあり、そうすると手足などがビリビリ痺れたりする。もしそういったことがあったらすぐに教えてください、とのこと。

 

硬膜外麻酔…怖っ。

説明を聞いただけで結構憂鬱だよ。

本当は全身麻酔で寝ている間に全部やっちゃってほしいところだけど、手足がビリビリ痺れたら、「はい、今痺れてまーす!」って言わなきゃいけないから、意識があるときにやらなきゃいけないってことよね。

怖いなぁ…背骨に針…手足ビリビリ…うげー!

 

最後に入退院センターで入院の申し込み。

入院申込・誓約書と、入院のご案内という紙をもらってこの日は終了。

 

たーくさん説明を聞いたのに、聞いただけだから自己負担は220円だった。安っ!